ホームページの集客と売上げアップをバックアップ!

パンダアップデート


パンダアップデート(panda)
パンダアップデートは、googleが2011年2月末より全世界的に行っている検索アルゴリズムの改変のことで、パンダは正式名称ではなくコードネーム”Panda”になります。当初マスコミの間では「ファーマーズアップデート」と呼ばれていましたが、このプロジェクトのキーマンであるエンジニアの名前を取って、”Panda”と名づけられた。(by Googleフェローのアミット・シンガルがWiredのインタビューで回答)

パンダアップデートの主な目的としては、ユーザーにとって価値の低いサイトやスクレイピングサイト(コンテンツを一部コピーして作成したサイト)を、googleが発見し排除することを目的としており、各ページに影響するとともに、サイト全体にも影響を及ぼします。導入当初は、Googleの検索結果順位は大きな変動が続き、大手サイトでも評価が下がるサイトもありました。主に対象ページの「キーワード」における検索順位に大きな影響を及ぼしました。そのため現在まで、さまざまな対策や修正の事例が公開されております。

依然として、日本語・中国語・韓国語への導入の公式発表はありません。(2012年6月26日現在)

パンダアップデート:タイムライン

2011年2月24日
パンダアップデート1.0
google公式ブログで発表
非常に規模の大きいアルゴリズム変更で検索全体の11.8%に影響を与える。
ユーザーにとって価値の低いサイトやコピーコンテンツサイトのランキングを下げる。米国だけでの導入。
2011年4月11日
パンダアップデート2.0(約7週間隔)
google公式ブログで発表
パンダ・アップデートを全世界のGoogleに導入(英語圏)
2011年5月10日
パンダアップデート2.1(約4週間隔)
規模が小さいアップデート
2011年6月16日
パンダアップデート2.2(約5週間隔)
スクレイピングサイト対応が主目的のアップデート
日本語を含む英語以外へのパンダ・アップデートの導入時期未定
2011年7月23日
パンダアップデート2.3(約5週間隔)
小規模な更新
2011年8月12日
パンダアップデート2.4(約3週間隔)
google公式ブログで発表
全言語導入で6〜9%に影響(依然として日本語未導入)
2011年9月27日
パンダアップデート2.5(約7週間隔)
更新(日本語・中国語・韓国語未導入)
2011年10月19日
パンダアップデート3.0(約3週間隔)
パンダ2.5後数週間にわたってパンダのアルゴリズムとサイト更新。(9月27日・10月3日・10月13日)
2011年11月18日
パンダアップデート3.1(約3週間隔)
小規模に更新 影響を受けるのは1%未満
2012年1月18日
パンダアップデート3.2(約8週間隔)
データリフレッシュの更新
2012年2月29日
パンダアップデート3.3(約6週間隔)
データリフレッシュの更新
2012年3月23日
パンダアップデート3.4(約3週間隔)
パンダのアルゴリズムへの継続的なアップデート
2012年4月19日
パンダアップデート3.5(約4週間隔)
パンダのアルゴリズムに新しいアップデートをリリース
大きく影響を受けたサイトもあった。同時期にペンギンアップデートもあったため影響範囲は大きかったようです。(日本未導入)
2012年4月27日
パンダアップデート3.6(約1週間隔)
リフレッシュ更新は、多くのサイトに影響を及ぼさない限られた更新
2012年6月8日
パンダアップデート3.7(約6週間隔)
リフレッシュ更新は、世界的約1%程度の影響範囲
2012年6月25日
パンダアップデート3.8(約2週間隔)
アップデートの影響範囲は世界で1%程度

Infographic: The Google Panda Update, One Year Later

The Google Panda Update, One Year Later

Copy right © 2017 ホームページ集客サポート.All Right Reserved.